男子校へのあこがれ

私は、息子に中学受験をさせるためにSAPIXに通わせていたのですが、イマイチどこの学校を受験させるか決まっていませんでした。

私自身の経験もあって、女子校だったということもあって息子には男子校に通わせたかったのが本音です。

というのも、共学の学校よりも気を使わずに生活することができますし、実際に私自身が大学に入学した時に、女子校の方がいかに気が楽に生活することができたかということを知ったので、男子校というものにあこがれがあったのです。

息子にその事を話すと、特に気にしていないようで、中学受験をしてとにかく私立の中学校に入れれば良いという考えでしたから、男子校を受験させることにしました。

進学校で男子校といえば、ラサール中学が一番最初に上がってくるのですが、息子のレベルからするともう少し努力をしなければならなかったので、そのことを伝えると快く了承してくれました。

そこから、勉強の毎日が続いたのですが、SAPIXのハイレベルな指導と私の自宅での指導によって成績はうなぎのぼりでした。そして、見事合格することができたのです。しかし、鹿児島ということもあって寮に入れることになりましたが、どこか少し寂しい感じがしました。