届かない偏差値

中学受験も間近に迫っていた頃、息子はあと少し目標の偏差値まで届きませんでした。そこで、SAPIXに通うことになりました。

出題される宿題が多く、息子はハードに感じていたようですが、何とかついて行くことができたようで実力がついてきているのを感じていました。

特に算数はこれまで応用問題を苦手に感じていたようですが、上のクラスになりたいという動機があり、他の生徒に競争心を持って頑張っていました。

ある日、SAPIXの授業でどうしても分からない箇所があったのですが私には教えることができず、中学受験専門の家庭教師にお願いをしてみた所、苦手な箇所も理解したようで偏差値も上がっていきました。その後も、SAPIXでの授業についていけるように息子と2人で頑張りました。

6年になると過去問を解くことになったのですが、これまでの積み重ねがあったおかけがスムーズにこなしていました。その後、何とか合格することができ、本当に安心しました。

目標の偏差値に届かない日が続いていたころは息子も落ち込んでいましたが、SAPIXでの頑張りと家庭教師のサポートがあったので何とかなったのかなと思います。